45分で何ができる?~特別支援学級から普通学級を目指す取り組み~

発達特性児(自閉症・知的障害の診断)の子供2人を育児中!「特別支援級→普通級」を目指して、試行錯誤しながら頑張っていることを書いていきます(^_^)v

自閉症児ひい&かっちママ:チャイルド・ライフ・サポーターの修了証ゲット!!

www.jdfs.org

 

チャイルド・ライフ・サポーターの勉強をしようと思ったきっかけは、

 

  • ひい(小学2年生)⇒重度自閉症(今は中等度自閉症
  • かっち(幼稚園年長)⇒中等度自閉症
  • ことし(幼稚園年中)⇒グレーゾーン(今は定型発達)

 

の診断を受けたこと。

 

さすがに3人とも発達面の問題があるとなると、職業レベルの勉強が必要だろうと思ったんです。

 

ちなみに、私が勉強したのが、チャイルド・ライフ・サポーターのビギナーコース。

 

発達障害児地域支援員」の資格認定講座です。

 

ビギナーコースには、

 

  • 支援者向け
  • 保護者向け

 

の2つのコースがあったので、両方勉強してみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 修了証をもらうまでにかかった期間は?

f:id:hutsukyuniikuzo:20210413115109j:plain

ビギナーコースはテキストを読んでレポートを提出するだけ!!

 

私が申し込んだのは一昨年の9月で、支援者向けと保護者向けの両方のテキストに一通り目を通すのに1~2ヶ月くらい。

 

何度かテキストを読み直してレポートを提出、修了証をもらうまでに1年半近くかかってしまいました。

 

問題の意味を勘違いして、レポートの再提出もしました。

 

標準的には6ヶ月で修了できるそうですが、急げば1~2ヶ月で修了できるかもしれません。

 

ビギナーコースで勉強できることは?

f:id:hutsukyuniikuzo:20210413120048j:plain

魂こもった育児の方法とまではいきません。

 

超実践的ではないのですが、自閉症発達障害、知的障害などの関する基礎知識を学ぶことができます。

 

育児は日常的なものなので、本当ならスグにでも実践を学びたいですよね。

 

でも、基礎知識で我が子の発達特性を学んでおくと、より質の高い方法で実践に進めると思います。

 

支援者向けコースも支援者の立場、知識、気持ちなども学べて良い機会になりました。

 

  • 幼稚園・保育園や学校、療育などの先生とのやり取り
  • 就園先や就学先、利用施設の選択
  • 幼稚園・保育園や学校、療育などの先生の質の見極め

 

ここで勉強した内容は、このようなことに役立つと思います。

 

実践的な育児は別の方法で勉強!!

 

チャイルド・ライフ・サポーターの勉強をしながら、すぐ使える実践的な育児も勉強していました。

 

それでレポート提出が遅くなってしまったのですが、読んで良かった本です。

 

発達障害児の育児本って、言葉が出ている子を基準に書かれたものが多いですよね。

 

でも、鈴木昭平先生の本は、子供を選びません。

 

言葉がほとんど出ていない我が子にも活用できました。

 

育児もシンプルイズベスト!!今後も活用したいと思います。

 

にほんブログ村 子育てブログ 二人以上障がい児育児へ
にほんブログ村

発達特性児ひい:最近は家事にハマっています・・・

f:id:hutsukyuniikuzo:20210409202256j:plain

学習のスランプかしら??

 

小学2年生のひい(中等度自閉症の診断あり)は、幼稚園年長~小学校1年生の3学期途中までは学習系にハマっていました。

 

具体的に取り組んだのが、

 

  • フラッシュカード
  • ドリル
  • プリント

 

などで、1日中学習ばかりしていることもあったくらい・・・

 

でも、今は学習にはほとんど興味なしで、宿題もテキトーに答えを書いて終わらせている感じ。

 

一応は提出する意思はあるものの、解答に魂こもってません。

 

一生懸命がんばった時期があっただけに、そんな時期があってもいいのかな。

 

と言う訳で、特に気にせずテキトーな宿題を、見て見ぬフリをして提出させています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

学習に代わってハマり始めたのが家事!!

f:id:hutsukyuniikuzo:20210409204153j:plain

親子で米粉ホワイトシチューを作ってみました!!

 

ひいが最近ハマっているのが家事で、学習を忘れるほど夢中になっています。

 

  • 洗濯:洗濯機のスイッチを押す⇒洗濯物を干す⇒洗濯物を取り込んでたたむ
  • 料理:ママが皮むきした後の野菜を切る⇒鍋で煮たり茹でたりする
  • 炊飯:お米とぎ⇒炊飯器のボタンを押す
  • 食事の片づけ⇒食器を流しに運ぶ⇒机をふく⇒食器洗い
  • お茶を沸かす⇒やかんの水を沸騰させる⇒お茶パックを入れる

 

ひとまず今できるのがこれだけで、まだ完ぺきとは言えません。

 

  • 雨の日でも外に洗濯物を干す
  • まだ濡れている洗濯物を取り込んでしまう
  • 包丁の使い方が怖い
  • まだ火が通っていないのに火を止めてしまう
  • 食器に洗剤の泡が若干残っている

 

でも、家事は日常生活で大事なことなので、好きになってくれるといいですよね。

 

米粉ホワイトシチューは余分な添加物、油分控えめでお気に入り!

 

 

我が子は小麦、動物性たんぱく質の遅延性アレルギー有り。

 

それで、小麦やお肉、牛乳はほぼ毎日、できる限りカットしています。

 

野菜と魚中心の生活をするようになって、体調を崩すことが減りました。

 

家事で不十分なところはどうする??

f:id:hutsukyuniikuzo:20210409210723j:plain

さすがにこんな日に外に洗濯物を干すのは不味いですよね・・・

 

「雨にぬれちゃうから家の中に干すよ。」と言っても、通じていない様子。

 

この前は強引に止めて、癇癪を引き起こしてしまいました(^^;)

 

今は「わざわざ止めることもなかったのかな。」と思っています。

 

  • 汚れては不味いもの、早く乾かしたいもの⇒最初に取り除いておく
  • 多少汚れても大丈夫なもの、特に急ぎでないもの⇒敢えて外に干す

 

こんなふうに実験すれば、結果を知って納得してもらえたかも!

 

ちなみに、料理の途中で火を止めたり、食器のすすぎもれがあったりなどは、大目に見るようにしています。

 

本人の機嫌に合わせて気づかないように直したり、直接伝えたりを選んでいる感じ。

 

小学校高学年で家庭科を勉強する前に、一通りの家事をできるようにしたいな。

 

どうやって教えたらいいか試行錯誤中ですが、一応大まかな目標を考えてみました。

 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

発達特性児ひい&かっち+4歳児ことし:プログラミングの資料を請求してみました!!

f:id:hutsukyuniikuzo:20210407090107j:plain

ワンダーボックスのおりがみ教材にチャレンジ!!!!

 

やっと春休みが終わって、ブログを更新する時間ができました(^^)

 

  • ひい(中等度自閉症の診断) ⇒小学2年生
  • かっち(中等度自閉症の診断)⇒幼稚園年長
  • ことし(定型発達)⇒幼稚園年中

 

 みんな無事進級できて一安心ですが、ちょっと複雑な気持ち・・・

 

学年が上がると色々な面で、難易度も上がりますよね。

 

 春休み中は指先の運動を意識して取り組んでみました。

 

ちなみに、勉強の方はほとんど取り組むことができず・・・

 

スポンサーリンク

 

 

 プログラミングのお試しを利用!!

 

プログラミングの教材を検討していて、ワンダーボックスの資料を請求してみました。

 

資料にはお試しキットも付いていて、充実度の高い無料体験です。

 

スマホは持っていないし、タブレットは故障中。

 

本当は1週間アプリが楽しめるはずなのですが、残念ながらアプリは諦めました。

 

おりがみ教材とワークブックだけ、チャレンジしてみました。

 

おりがみ教材が凄く楽しかった!!

f:id:hutsukyuniikuzo:20210407090449j:plain

カワ(・∀・)イイ!!作品がいっぱいできました

 

おりがみには折り目、折った時に重なる場所(角など)にが・・・

 

紙を折るのが苦手な我が子でも、印を頼りにキレイに折ることができました。

 

ソフトクリームや金魚、新幹線、いのししなどのかわいい作品の出来上がり。

 

ワークブックもシンプルで、取り組みやすかったです。

 

試しできたアプリ以外の教材に関しては、5段階中「5」を付けたいくらい!!

 

必要な通信環境さえあれば、この教材に決めたかったです。

 

でも、今はスマホタブレットを購入する予定もなく・・・

 

 

プログラミング教材って高価だし、パソコンOKの教材も見てから決めようと思います。

 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

4歳児ことし:今日から4歳になりました!!!!(発達特性児と塗り絵のお話も少し・・・)

f:id:hutsukyuniikuzo:20210330145708j:plain

4歳児ことしが少し前にやった塗り絵です☆

 

3歳の間にこんなに色々な色を使って、塗り絵ができるようになりました。

 

「こんな電車があったらいいな。」

 

まさに電車愛が感じられます!!

 

一方、発達特性児のひい(中等度自閉症の小学1年生)、かっち(中等度自閉症の幼稚園年中)は、1枚の絵を1色で塗りつぶしている感じです。

 

1色で塗れる塗り絵なら、物の色をイメージして塗れるのですが、、、

 

複数の色が必要な場合、色分けするのが苦手のようです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スモールステップ1はイメージ作りから!!

f:id:hutsukyuniikuzo:20210330151435j:plain

リンゴなら赤1色で塗れそう・・・

 

私がまず試してみたのが、身近なもののイメージ作り。

 

つい1年くらい前まで、ひいもかっちも「りんごって何色だっけ?」分からなかったんですね。

 

それで、気が向いた時だけでもフラッシュカードに取り組んで、語彙力アップも兼ねてイメージ作りをしてきました。

 

効果抜群でした!!

 

あとは枠からはみ出さないように、1色で塗れるりんごをキレイに塗る練習。

 

スモールステップ2は2~3色で塗れる塗り絵

f:id:hutsukyuniikuzo:20210330150911j:plain

小学1年生ひいの書いた絵です。

 

自分で簡単な絵を書いて塗り絵にするのも、素材探しの手間をカットできておすすめです。

 

塗り絵の準備ができたら、「髪の毛は何色かな?」「顔は何色かな?」。

 

1つ1つ声かけしながら、色を塗っていくだけです。

 

ただ、我が子の場合は、こまめな声かけが必要。

 

ポイントを忘れないうちにたっぷり練習が必要になりそうです(^_^;)

 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

発達特性児ひい&かっち+3歳児ことし:ペーパークラフト電車の完成!!

f:id:hutsukyuniikuzo:20210319100041j:plain

東京メトロだいぶ楽をして作っちゃいました!!!!

 

大好きな電車のペーパークラフトで、

 

  • 紙を切る
  • 紙を折る
  • のり付けをする

 

などの練習をしてみました。

 

3人でこれらをやってみたので、こんなふうに分担してカットしました。

 

  • 小学1年生ひい(中等度自閉症の診断):線路
  • 幼稚園年中かっち(中等度自閉症の診断):線路
  • 幼稚園年少ことし(定型発達):電車の長めの直線部分
  • ママ:細かい部分

 

写真に写っている線路(電車が乗っている線路)は、かっちが切りました。

 

初めは線を意識して切れているのですが、少しずつ意識が薄れて最後は線からかなりズレてしまっています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

できた完成品はこんな感じ!! 

f:id:hutsukyuniikuzo:20210319101817j:plain

細かい部品は使いませんでした。

 

あまり考えずシンプルに作りたかったので、

 

  • 車両同士を連結する部分:安定感重視で両面テープで接着
  • 電車上側の点線を折るところ:難しかったので省略
  • 電車の内側ののり付け:思った以上に難しくセロテープを使用

 

など、細かい部分はかなり省略してしまいました。

 

それでも折り目がぐちゃぐちゃ、電車にところどころ凹みがあります。

 

柔らかいコピー用紙を使ったので完成度は低めですが、何とか完成することはできました。

 

我が家の子供向けの工作ネタの選び方

creativepark.canon

 

今回は無料で利用できるこちらのサイトで、東京メトロを選びました。

 

「作ってみたい!」気持ちを優先したため、やや難易度は難しめでした。

 

おかげで子供とのコミュニケーションを大事に、工作に取り組めました。

 

ただ、完全に子供だけで取り組むには難しく、次回はもっと子供の出番を増やそうと思います。

 

次回のネタの選択基準は、我が子のレベルに合わせて、

 

  • 部品が子供の手の平サイズ以上の大きさ
  • のりしろが最低でも子供の指幅以上の広さ
  • 折り目の線が数本くらい
  • 平行線を折るなら線同士が数㎝は離れている

 

などかなと思っています。

 

そこで、選んでみたのが、お寿司クラフトです。

 

creativepark.canon

 

先の写真にひいがカットしたマグロが写っているのですが、少しずつチャレンジしています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク